レーザー加工が主流です、レーザスクライブ

工作機械でガラス製品などを加工する場合、ダイアモンドカッターや高圧の水流でカットしているのを見かけたり、たまにテレビでやっていたのを見たことが有るので、殆どそれらの方法で加工しているのだと思っていました。

割ってしまったり細かい曲線などを切るには変幻自在な水の高圧噴射がよさそうに感じています。

そう思っていた矢先に知り合いの営業先のところがそういったガラス製品の加工をしているところだというので、すこし見学させてもらえないか聞いてみてもらいました。

甥っ子がこういったものが大好きなので、是非に!とまた甥を出しにしたところ、快く承知してくれたので、ふたりで見に行ってみました。

そこでは水圧を使ってカットするもの、ダイアモンドの刃を使ったものなども勿論ありましたが、今の主流派レーザスクライブという物だそうです。

このレーザスクライブはレーザーを使ってカットする方式のようです。

溶かしながら切断するようで、当然切りくずなども出ないそうです。